探偵が行う浮気調査と調査報告について

MENU

探偵が行う浮気調査と報告書

 

浮気調査を探偵事務所に依頼擦るときには、たぶん初めて本物の探偵に会うことになると思います。

 

パートナーの浮気調査を依頼すると言うのは、すでに「追い込まれた状態」になっていることが多く、見知らぬ人に平常心で現況を伝えることは難しいかもしれません。

 

ましてどんな調査をするのかもわからず、どんな結果が届くのかも心配というかたは随分といらっしゃるようです。

 

今回は探偵が浮気調査をする方法についてご紹介します。

 

探偵が作成する報告書は法的な効力をもつ

 

最初に気を付けることは、依頼者が探偵に調査を依頼したことを、ターゲットに知られないように心がけます。

 

調査段階でターゲットに知られてしまうこともありますが、極力そのようなことがないようにしています。

 

浮気調査の大まかな流れは、ターゲットの日常の行動をすべてチェックし、いつどこでだれと会ったのかを記録していきます。

 

ターゲットの浮気相手が異性とは限りませんので、すべての接触者を記録していくと、必然的に浮気相手が分ることになります。

 

次に浮気現場を記録します。

 

見ただけではダメですから一連の行動を記録していくことになります。

 

同時に写真などで証拠を記録することになります。

 

これらの調査結果を『報告書』として依頼者に渡し、口頭で報告します。

 

また、この報告書は法的な効力を持つものであって、違法な盗撮盗聴などは行っていません。

 

確かな証拠集めは難易度が高くなる

 

克明なタイムスケジュールを見ることでターゲットの行動が分りますし、しかも写真によって浮気の現場も確認できます。

 

キスをするカップルの足元

「浮気」というのは肉体関係があったことを言いますので、肩を組んで歩いたり路上でチューをしていたとしても、離婚訴訟などでは確かな離婚原因とは認められないケースが多いようです。

 

事前に浮気現場に忍び込んで盗撮カメラをセットしたり、会話を録音できるようにと盗聴器をセットしても、違法性の高い証拠は証拠とはならず、逆に訴えられたら刑事事件として処分されてしまいます。

 

そこでラブホテルの入館と退館を撮影したり、一般的なホテルであれば同じ階までエレベーターで行き、部屋に入るところを撮影して証拠にするわけです。

 

想像しただけでも難しいと思うでしょうが、ターゲットに気づかれずに撮影するとなればさらに難易度は高くなります。

 

善意の第三者が調査の邪魔をする

 

冒頭に「調査段階でターゲットに知られてしまう」と書きましたが、やはりアクシデントが起こってバレてしまうことがあります。

 

部屋で待つ浮気相手の女性

一番多いケースは浮気現場を相手の部屋にしている時です。

 

退室時間まで住宅街の路上で待つか、車を停車して車内で待つことになります。

 

いつでも対応できるようにと望遠カメラや暗視カメラなどをセットしているのですから、ターゲットが怪しまなくても近所の人が怪しむ場合があります。

 

結果として警察に通報され、赤色灯を回したパトカーがきてしまい騒ぎになることもあります。

 

善意の第三者からの邪魔が入ると、内緒で調査しているはずが大騒動になってバレてしまうこともありますので、そのような時には複数人で交代しながら調査し、第三者からも怪しまれないように注意はしています。

 

このようにして特殊な条件下で集めた確実な証拠を添えて、報告書が作成されます。

 

手元に届いたそのあとで報告書を効果的に使うためには、依頼した探偵に解決のためのアドバイスをもらうといいでしょう。