夫が妻の浮気を調べた結果を必要とする理由とは

MENU

妻の浮気の証拠が必要な理由

 

「妻が浮気をしているみたいだ」と気が付くと、多くの夫が心にいだくのは『怒り』です。

 

不貞を犯した妻への怒りは抑えきれないものがあり、言葉だけでなく暴力に発展することもしばしばですが、どんな理由であれ『手を出したら負け』というのが最終局面を迎えた男女の関係なのです。

 

そうならないためにも第三者を交えた話し合いは大切なことなのです。

 

第三者を入れるということは『確実な証拠』を用意しておかなければいけません。

 

本人を問いただして真実を聞くのではなく、浮気調査に慣れている探偵事務所に依頼して調べてみてはいかがでしょう。

 

なぜ妻が浮気をしたのか、その理由はさまざまです

 

妻が浮気をするのにはいくつかの理由があります。

 

もっともスタンダードな理由は夫との性生活の不満ですが、それ以外にもお金のためと言うのも多いようです。

 

また単なる興味本位ということもあり、ネットや雑誌に影響されたり、テレビドラマの中の浮気をする女性に憧れてしまうこともあるようです。

 

でも、一番多いケースは何と言っても身近な人との『情』にあるようです。

 

仕事仲間と話す妻

パート先の上司や同僚から優しい言葉をかけられ好意を持つようになり、やがて仕事仲間が恋愛の対象としての異性に代わることになります。

 

容姿よりも優しさや思いやりなどに魅かれるため、相手に対する依存度も高く、最終的には浮気相手とその後の人生を歩みたいとまで思うようになることが多いようです。

 

妻の浮気を許すことのできる夫なんているわけがない!

 

多くの男性は、生涯妻とだけしか肉体関係をもたずに人生を終えることは少ないと思います。

 

頭がハゲあがってきても、綺麗な女性や巨乳を見ると自然と目が追ってしまうなんてことは当たり前なのです。

 

ただ、女性に対しては独占欲も強いため、所有物となった妻が他の男性と遊んでいると許しがたいと思うようになります。

 

まして浮気などしていたら「結論はひとつしかない!」と考えても不思議ではありません。

 

家を出ていく

妻が怪しいと思うのであれば本人に確かめることが確実です。

 

でも浮気がバレて困るはずの妻は、悪びれもせず謝ることもなく家を出ていくケースが多いことも確かです。

 

妻にとっては、家政婦扱いされている夫婦生活よりも、ひとりの女性として扱ってくれる浮気相手との安らぐ生活に憧れているのですから、お互いにとっての結論は同じ方向を向くことになります。

物分かりの良さよりも毅然とした態度をとりたい

 

妻の浮気が確実なものとなった時、物分かりのよい夫でいたいと思いますか?

 

子どもがいなければ修復不可能な夫婦生活にピリオドを打つことは必然ですが、なんだか浮気相手の男に寝取られたような、負けた感じが心のなかに遺ることになりませんか?

 

妻の浮気が本気であればあるほど、話し合いの前に真実を知っておきたいものです。

 

単なる話し合いで離婚することもできますが、探偵に依頼して確実な証拠を集めておくことです。

 

信頼していた妻の思いがけない裏切りに対しては毅然として向き合わなくてはいけません。

 

探偵が集めてきた証拠をもとに相手の男性に慰謝料を請求し、会社の給与を差し押さえるくらいのことはしてもいいのではないでしょうか。