妻の浮気を確信したら、まずは連絡方法を確かめる

MENU

妻の浮気を確信したら、まずは連絡方法を確かめる

 

妻が浮気をしていると確信したら、夫は連絡方法を確かめることです。

 

たいていの妻の場合勤務先などで毎日会うわけではないので、必ず連絡を取り合って待ち合わせをするはずです。

 

男性であれば妻にばれないように会社からの電話やメールという方法もありますが、妻の場合は連絡方法が限られます。

 

浮気調査の専門家である探偵事務所に聞いてみると、圧倒的に携帯電話で連絡を取っていますが、男性では考え付かない方法があるようです。

 

妻が浮気相手とコンタクトをとる方法

 

主婦が携帯電話で浮気相手と話すことができるのは家族が誰もいない平日の昼間です。

 

一方で相手の男性も限られた時間帯しか連絡を取ることはできないでしょうから、まずは電話の前にメールなどでお互いの様子を尋ねることになると思います。

 

浮気相手とコンタクトをとる妻

つまり浮気をする場合にはメールが必要になるわけです。

 

メールの着信音に異常なほど敏感になったり、携帯電話を肌身離さず持ち歩いていれば、携帯メールが連絡方法となります。

 

気にするそぶりをしていないけど、やはり携帯メールを利用している場合もあります。

 

絶対にバレない浮気相手との連絡報とは

 

最近ではTwitterやLINEなどを活用して伝言板のように活用したり、取得したフリーメールのIDパスワードをお互いが共有して使うこともあります。

 

送受信を行わずに書き込み続けることで伝言板として利用し、別れがくれば全部消去し閉鎖すればいいわけです。

 

一般的に携帯電話は家族であっても勝手に中を見ることはできないでしょうから、自宅にいる主婦が高いセキュリティをかけることは少ないはずです。

 

でも妻の携帯に高いセキュリティがかかっていたら、それは浮気の兆候かもしれません。

 

ただ警戒しているからこその防御なので、おいそれとは見つけることができないはずです。

 

シッポを出さない妻には探偵の調査が効果的

 

浮気相手との連絡方法を見つけることができない場合、浮気を見つけるプロの探偵事務所に依頼するといいでしょう。

 

妻が自宅を出た時から尾行を開始し、例え下着売り場に行こうとも女性用トイレに入ろうともスタッフが密着し浮気相手を特定します。

 

あとは当日の行動を詳細な報告書にまとめてくれて、しかも浮気の証拠写真までつけてくれますので言い逃れすることはできません。

 

報告書と写真があればその後の話し合いはスムーズに進むはずです。

 

男性にとって浮気は遊びでも女性には本気ってこともあります。

 

ですから妻が本気になったとしても、浮気相手の男性は最後まで遊びのはずですから、行き着く先は見えているはずです。

 

傷を深くしないためにも、なるべく早く浮気の事実を把握し、証拠をつかんで話し合うことが解決へと繋がります。