浮気調査で探偵に伝えておく情報とは

MENU

浮気調査で探偵に伝えておく情報とは

 

パートナーの浮気に気がついたとき、あなたならどうしますか?

 

問い詰めて別れさせる、家を出る・もしくは叩き出す、親や子供と相談する……。

 

たくさんの方法を考え付くと思いますが、まずは真実を確かめることが先決です!

 

現状の把握ができると冷静になって話し合いをすることができます。

 

そのためにはパートナーの浮気の事実を調べてもらうために探偵事務所を訪ねてみることをお薦めします。

 

調査を依頼することで浮気に対する本気度や浮気相手のことも分り、結果として話し合いのときにはスムーズに解決することができます。

 

今回は探偵事務所に調査依頼をするときに伝えておきたい情報についてご紹介します。

 

感情論よりも事実を知らせる

 

探偵に依頼するということは、自分の情報を知らせることになります。

 

映画のように匿名依頼のようなことはできませんし、違法な調査依頼もできません。

 

浮気現場を見つけたところで連絡を貰い、現場に乗り込むようなトラブルになることが分っているような調査依頼も受けることはありません。

 

探偵事務所に電話連絡をして「浮気調査」であることを伝えて面談の日時を決めます。

 

面談日は最初にこちらの状況を伝えることになります。

 

抱き合う男女

一通りの説明が終わると正式に調査を依頼するかを決めなくてはいけません。

 

つまり話を聞いてもらってもパートナーの浮気に対する答えは出ないのですから、契約書を作成して依頼しなければいけないわけです。

 

報告書を貰うおよその日にちを決めると基本的な料金がわかる

 

調査の期間によって調査費用が変わってくるため、契約段階で調査報告を貰えるおよその日にちを決めることが重要です。

 

大事なポイントは、浮気の事実がなくても調査は完了するということです。

 

探偵事務所は契約期間内に浮気が無かったとしても「浮気の事実なし」という報告書を提出しますので、調査料金は同様にかかることになります。

 

探偵に知らせる『根拠』の具体例とは

 

大事なことは浮気日を予測しておくことです。

 

例えば週末とか、出張時とか、平日の昼間などに目星をつけておけば、調査日が少ない分だけ費用は掛かりませんし、浮気現場を確実に見つけることができます。

 

ですから探偵事務所での面談日には、「浮気日」や「浮気相手」について根拠を持って知らせることが大切です。

 

では根拠とはどんなものでしょうか?

 

ターゲットが男性のケースで考えてみましょう。

 

まずは毎週末の夜が遅くても浮気日とは限りません。

 

家を出た時と下着が違うとか、見たことのないネクタイを締めていると言うような客観的な状況が根拠となります。

 

また出張と言い訳して自家用車で出かけた時などは、目的地で給油したガソリンスタンドのレシートが全然違う場所となれば、ウソの出張先を妻に知らせたことになります。

 

もちろん携帯電話の着信やメールなどで確認できれば確実ですが、あまり踏み込んだ探偵まがいの独自調査をすると気付かれて警戒してしまい、その後の調査が難しくなることもあります。

 

あくまでも分る範囲で探偵事務所の面談者とよく相談した方が良いと思います。