妻が夫の浮気を調べた結果を必要とする理由とは

MENU

夫の浮気の証拠が必要な理由

 

夫の浮気の事実を知り、信頼関係を壊された妻はどうするでしょうか?

 

一時の気の迷いと割り切り、夫婦関係修復を願って夫に元の鞘(さや)に戻らせようとする妻もいますし、絶対に許さず、離婚をして慰謝料をもらうといった妻もいます。

 

どちらにせよ、浮気をした確実な証拠がなければ、夫に「気のせい」「思い過ごし」と、しらをきりとおされてしまいます。

 

そんなときは、浮気調査に慣れている探偵事務所に依頼してみてはいかがでしょう。

 

妻は夫が浮気をしている理由を認めたくない

 

魅力的な女性

探偵事務所に持ち込まれる浮気相談のなかには様々なケースがあります。

 

妻からは「夫が若い女と浮気をしている」というオーソドックスなものや、「夫が悪い女にだまされている」というように浮気相手の女性に責任があると思っていることもあるようです。

 

でも夫が浮気をする一番多い理由は、妻よりも魅力的な女性と知り合ったからなのです。

 

夫は良い人なのに悪い女に騙されたとか、子どもをダシに家庭を大事にしていると思い込んでも、実のところは若くて綺麗な女に乗り換えたことを認めていないだけなのです。

 

夫の浮気に対する2つの解決法とは

 

夫婦にとって最も大切なことは信頼関係を保つことです。

 

元々は赤の他人が婚姻届けを契機に「裏切らない」契約を結んだわけです。

 

ですから夫婦とは、信頼を裏切ってはいけないわけで、悪い女が現れようと一時的な気の迷いであろうと、信頼を裏切るような浮気をしてはいけないのです。

 

夫が浮気をしているのであれば、止めさせるか見切りをつけて別れるしかありません。

 

 

夫の浮気を探偵事務所に相談する2つの理由。

 

浮気を許すため

 

探偵に探してもらった浮気の証拠を突きつけて、悔い改めさせて浮気を止めさせるわけです。

 

結婚生活を振り返る老夫婦

そして夫は浮気をしていたことを改心して元の鞘(さや)に納まる筋書きです。

 

実はこのパターンはとても多くて、結婚生活を振り返る老夫婦が「多少は波が立ったときもあった」というのはこんなことがあったからなのです。

 

浮気は許さない

 

探偵が集めた証拠で離婚のための交渉を有利にする材料とするわけです。

 

すでに浮気の理由などどうでもよく、事実を確かめた以上は絶対に許さないと決めているわけです。

 

ただ浮気をされて黙って去るようなことはなく、倍返し!3倍返し!をしてから離婚をしようとする妻も多くいます。

 

 

夫の浮気を知った妻が取る行動とは

 

探偵に依頼する浮気調査で大切なことは確実な証拠を添えた報告書にあります。

 

話し合いで解決したいときには、裁判所に調停や訴訟を起こすことになりますが、そのとき裁判所に確実な証拠として提出できるものに違法性があってはいけません。

 

そして裁判に耐え得る確実な浮気の証拠を用意するからこそ、訴訟で対決することなく、こちらの要望が叶うことになるわけです。

 

つまり探偵事務所に依頼して証拠を集めるということは、浮気をした夫との交渉を有利にするための準備ということになります。