浮気が原因で傷つきたくない人は探偵事務所に依頼する

MENU

傷つきたくない!浮気調査は探偵事務所に依頼する

 

信頼しているはずの夫や妻が内緒で浮気をしていたら、「穏便に済ませてあげよう」なんて心の広いというか、お互いに干渉しない夫婦は極々まれなはずです。

 

平気な顔で帰宅して「アー疲れた」なんていいながら嘘をついていたことに気がついた時は、騙された!裏切られた!と思うのが当たり前です。

 

信頼している夫婦の一方が裏切れば波乱が起こることになります。

 

ひとり問題を抱え込み悩んでいる

もちろん修復するのは容易なことではありませんし、ひとりで問題を抱え込み、傷つくのは誰だって嫌です。

 

今回は夫の浮気発覚が原因で修復不能に陥る夫婦関係を、なるべく痛みを少なくさせる探偵事務所の浮気調査の活用法について考えてみます。

 

浮気が発覚した夫の状況

 

毎日毎晩夫の帰りを待つ妻が、夫の浮気を知ったとき、どんな行動に出るでしょう?

 

ドラマではお皿を投げたり、ほうきで叩いたり、寝室のカギをかけて閉めだしたりするものですが、浮気に詳しい探偵から聞くと実際にはそんな派手な修羅場は少ないようです。

 

夫が帰宅すると静まり返った家の中には人の気配がなく、置手紙すらありません。

 

最初は不在であることに怒りがこみ上げてきますが、ふと自分の浮気がバレたのかと不安になるようです。もしバレているのであれば妻の実家に連絡して謝罪しなければおさまりません。

 

でも浮気以外の原因で家を留守にしているのであれば、連絡したことでかえって大ごとになるかもしれません。

 

また浮気が理由で実家に戻っていたら、電話口の向こうの親からは嫌みの一つだってあるかもしれないので、なかなか探すことができないようです。

 

結局「様子を見るか」と布団にもぐりこんで先送りすることになりますが、浮気がバレたことへの不安から寝つけるわけもなく、悶々と朝まで過ごし寝不足のまま出社することになります。

 

ここから妻との話し合いが始まるまで不安な日々を送ることになるのです。

 

浮気を知った妻の状況

 

妻の側からすると、朝まで実家に連絡がなければ「浮気を確信」することになります。もしかしたら実家の親の具合が悪くなって急きょ帰ったかもしれないのに、脛に傷を持つ身であるからこそ電話をしなかったと判断するわけです。

 

 

ここで2つの選択肢が生まれます。

 

信用できない夫とは離婚すること

 

不貞行為をしたことが許せない、不潔なオスとは一緒に住むことができない、プライドをズタズタにされた……様々な理由はありますが、もはや修復することはできないと結論を出している場合には離婚以外に選択肢はありません。

 

ただ当面の生活費は何とかなっても、それ以降の生活設計は全く立っていないと思います。ましてお子さんがいる場合には、養育や進学等で余分にお金もかかることになり、現実的な問題が降りかかってきますので、実際に行動を起こせるのはわずかな人と言うことになります。

 

冷却期間をおいて双方で話し合うこと

 

一時期は抑えきれない感情が爆発するかもしれません。

 

逆に自分を責めて落ち込み精神的に厳しい状況まで追い込まれるかもしれません。でも最終的には自分や子供のために我慢して、夫の裏切り行為を許し夫婦生活を継続していくことになります。

 

ただ浮気が発覚してすぐに元通りの生活ができるわけではなく、許すにしても多少の冷却期間が必要になりますし、心のなかを整理する時間も必要となります。

 

多少の冷却期間をおいてから元通りの夫婦になれるよう、今まで以上にお互いが協力し合っていく必要があります。

 

 

なんとなく、どちらかの方法で解決が出来そうな気がすると思いますが、実は探偵の話によると現実は少し違うようです。

 

我慢するのはどっち?

 

夫は素直に自分の非を認めないことが多く、逆に勘違いで飛び出した妻に腹を立ているふりをします。そして「誤ってこなければ許さない」と正当性を主張します。

 

事情を知っているモノなら厚顔なその態度にビックリしてしまいますが、単なる思い過ごしで勝手に飛び出したのだから、ワザと連絡をしなかったのだと主張します。

 

だからこそ浮気に詳しい探偵は「浮気の証拠」が必要だというわけです。

 

相手の女性との密会写真があれば、適当な言い逃れをしても「じゃ、これはナニ?」って証拠写真を突き付けて主導権を握ることができます。

 

そう!頭を下げるのは浮気をした夫なのですから、言い逃れできない確実な証拠を掴んでから行動を起こしたほうがより効果的に物事が進みことになります。

 

明らかに悪いのは浮気をした夫なのに、妻が我慢をして頭を下げて家に戻るなんて、今の時代にあっていいわけがないのです!

 

こんな時のために、自宅を出るその足で探偵事務所に立ち寄って浮気調査を依頼したほうがいいはずです。

 

確たる証拠さえ握っていれば、少しの間冷却期間を置くために実家に戻っていても何も心配することはありません。

 

もし夫に反省が見られなければしかるべき処置をすればよいでしょうし、夫が謝罪し二度と過ちを犯さないというのであれば、仕方なく、我慢して元の夫婦として戻ってあげることだってできます。

 

つまり夫の裏切りを知っても我慢して戻ってあげられるには、夫の真摯な謝罪は絶対の条件になりますが、そのためには探偵に浮気調査を依頼して確たる証拠を手にしておくことが必要なのです。