浮気調査で慰謝料請求とキツイお仕置き

MENU

浮気調査で慰謝料請求とキツイお仕置き

 

妻の浮気を知った夫が最初にとる行動は、浮気をした妻へ怒りをぶつけることです。

 

もしかすると、浮気相手の男性のところまで乗り込んでいくような勇ましい人だっているかもしれません。

 

でも手を出してしまうと、裏切られた被害者のはずが加害者になってしまうこともあります。

 

ここでぐっと我慢したら浮気相手からも慰謝料を請求することができます。

 

今回は自分の妻に対する慰謝料と相手の男性に対する慰謝料のダブル請求について必要な探偵の浮気調査についてご案内します。

 

5つの浮気の要件とは

 

浮気は信頼関係を一方的に破ったことになり、離婚を判断するときの重要な材料になります。

 

 

注意アイコン 5つの離婚要件

  1. 不貞行為
  2. ほったらかし
  3. 3年以上の失踪
  4. 精神病や薬物で回復の見込みがない
  5. 婚姻を続けられない重大な事由

 

 

5番目の婚姻を続けられない重大な事由というのはいわゆる「性格の不一致」で、平たく言うと性交拒否やDVなどがあげられますが、ほかの4つの要件は裁判所が認めないこともあります。

 

そこで浮気の場合には確実な証拠が必要となるわけです。

 

しかも合法的な証拠で裁判所が採用できるものでなくてはいけません。

 

決して探偵小説のような秘密暴露のようなものは必要なくて、客観的に浮気の事実が分る書類を添付して提出すれば問題なく希望は叶えられます。

 

財産分与と慰謝料請求、そして謝罪

 

離婚しただけだと、浮気相手の思うつぼかもしれませんし、もしかすると妻自身もそれを望んでいるのかもしれません。

 

そこで離婚訴訟とは別に財産分与について話し合うことが必要です。

 

全面的な非が妻にあることを双方が認めているのであれば放棄してもらうことが大前提ですが、もしかすると応分の分与を希望するかもしれません。

 

というよりも大半のケースは謝罪と財産分与は別だと考えることが多いものです。

 

そこで婚姻届を出してからの蓄財は1/2ずつ分けることになりますが、別に精神的苦痛を受けたことによる慰謝料などを請求する権利がありますので、まずはこれを行使します。

 

浮気をした妻は普段から訴訟に慣れていないうえに、慰謝料請求ともなれば、大きな精神的負担がかかるはずです。

 

しかも自分自身が弁護士を雇い、自らの浮気について事情を説明し勝ち目のない訴訟を受けなくては行けなくなるのです。

 

分与額にもよりますが穏便に放棄することも十分に考えられますし、また浮気発覚時以上にひたすら謝罪することになると思います。

 

浮気相手もコテンパンにできる証拠の効力とは

 

ただし、このままではまだ終わりません!妻の浮気相手にも慰謝料請求を起こします。

 

慰謝料を請求

相手が妻帯者であれば裁判所から特別送達が送られて家族にも訴訟内容を知られることになりますし、対応しなければ判決が出て慰謝料を支払うことになります。

 

もし、この判決通りに支払わなければ、給与差し押さえなどの措置ができるようになり、勤め先の人事や総務、または上司にまで知られることになります。

 

サラリーマンにとっては大きなダメージになることは間違いないですから、結果的に甘い蜜月の時を過ごした浮気相手をかまっている余裕もなくなるはずです。

 

この様に探偵が調べてくる浮気の証拠とは、大きな効力を持っていて相手の出方次第ではキツイお仕置きに使うことができるものなのです。