浮気調査で支払う探偵事務所の費用っていくらくらい?

MENU

浮気調査の費用はいくらくらい?

 

本気で浮気調査を依頼しようと思えば、どのくらいの予算が必要なのか、およその目安を知りたいと思うのではないでしょうか。

 

探偵事務所のサイトを見ても料金表が見つからないことが多く、若干不安な気持ちになると思います。

 

そこで探偵事務所にかかる費用について考えてみようと思います。

 

業界特有のヤヤコシイ料金体系

 

探偵事務所は成果報酬型と日当型の料金に分れます。

 

 

成果報酬型

 

基本料金の他に、調査目的に対して成果を上げた時に支払われる場合と、着手したことがすなわち成果となる場合があり、ほかの料金体系と複合して使われる「時価」のようになることもあります。

 

日当型

 

浮気調査の場合には大半が日当型になります。

 

1日の日当に調査日数を乗じたものが基本料金で、そこに交通費などの費用を加算します。

 

ただし何日も調査を続けていると支払額が大きくなりますので、調査期間を設定したセット料金にするところが増えてきています。

 

セット料金のメリットは追加料金がない安心感を持つことができることで、デメリットは1日で調査が終わったときには結果的に損をしたような気がするということです。

 

 

 

 

 

支払い前に確かめておくこと

 

探偵事務所に依頼するときには「公安委員会」に登録しているかを確認しましょう。

 

ホームページ上でも確認できますし、また事務所に行くと掲示されています。

 

この届け出がされていなければモグリの探偵ですから、もしかするとボラれてしまうかもしれません。

 

次に依頼するときには「契約書」を取り交わす決りになっています。

 

納得した料金を支払うためにもよく説明を聞いたうえで契約書にサインをすることが大切です。

 

仮に契約書以外に請求されてもハッキリ断ることができますので、契約書は無くさないように保管しておきましょう。

 

現金

支払いのタイミングは前金制がほとんどです。

 

手持ちの現金がない時にはカード支払いをやっている探偵事務所が便利です。

 

なお後払いになるのはオプション的な場合だけで、例えばリゾート地の不倫旅行調査で別途交通費が必要になった時などです。

 

これらも事後承諾のようなことはなく、必ず契約書以外の費用は確認をとってから調査を行うことになっていますので、場合によっては断ることもできます。

 

契約のときに追加料金についての確認を忘れずに

 

調査後の追加料金でトラブルになるケースがあります。

 

基本的に契約書以外の調査をする時には、依頼者の許可を受けてから行います。

 

写真撮影のときにノーマルのカメラでは写せないような暗い場所だと、赤外線カメラや暗視カメラを使用することになります。

 

探偵事務所に常備してない機材は、レンタル業者などから調達することになり、当然別料金が発生します。

 

そこまでは納得していても、機材の単価が高いとかレンタル日数が長いとクレームがでることがあります。

 

レンタルビデオなどでもそうですが、1日と3日もわずかな金額の違いで、場合によっては1週間でも同じ料金ということもあります。

 

レンタル機材も同様で、浮気日が特定できていなければ数日間借りた方がお得なことが多いようです。

 

また手持ちのカメラと合うものでなければならないため、単価が高くなることもあります。

 

この様なトラブルの大半は、自分のパートナーの裏切りによって「誰も信じられない」ことが原因となっているようです。

 

探偵事務所との信頼関係を築くためにも心配事があれば何でも相談しましょう。それが結果的に安心へとつながるはずです。